仕事で求められる英語のレベル

英語を活かせる仕事といっても、求められる英語力は違います。そのため、働く前に英語のレベルを把握しておくことが大切です。ここでTOEICの点数別に仕事を分けて見てみましょう。

まず始めに紹介するのは、日本語教師です。日本語教師は基本的には日本語だけで授業を行い、英語で説明するにしても簡単な単語で伝えるだけというパターンが多いです。そのため、TOEIC500~600点の日常会話程度の英語力でも問題はありません。しかし、海外に赴任して教えるといった場合はもう少し高度な英語力も必要になるので注意が必要です。

また、大使館事務員という仕事もあります。主な仕事はデスクワークになりますが、海外からの来客への応対や、日本の政治や文化について説明する機会が多く、英語とは常に接する環境にあります。日本語がまったく通じない相手にも説明をしなくてはならないときもあるため、TOEIC700~800点程度のビジネスクラスの英語力は欲しいところです。

もし、もっと英語を話す機会がある職業に就きたいというのであれば、NGOスタッフという選択肢もあります。求められるレベルは同程度ですが、より英語の応用力を求められることが多いでしょう。そのため、働きながらよりネイティブに近い英語を身につけることができるでしょう。

最後に紹介するのは、TOEIC900点以上の英語力を求められる映画翻訳家です。ただ英語を訳せばよいということではなく、決められた文字数に収めるための日本語力も同時に要求されます。さらに、物語の内容を正確に伝えるために時代ごとの英語の使い方や、地域ごとの言い回しの違いまで勉強しなければならないというのも、高い英語力を求められる理由です。

このように、英語力が高いほど選択肢は広がります。いくら自分が英語関係の仕事に就きたいと思っていても、現実で求められる会話力が桁違いであれば面接の段階で相手にしてもらえません。TOEICで表記されている職業のレベルよりも多少上の英語力があった方が安心です。英語を話す上で大切なのは勉強の継続です。人によって勉強方法の向き不向きは変わってくるため、仕事先でも困らない英語力を磨く術を見つけ出すことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です